音楽とネガティブの共存生活

チープだからこそ伝わるものもある

2017年フジロックフェスティバル出演者 Arca DJ & Jesse Kanda av

 

f:id:kurumacoban:20170512160045p:plain

Arca(アルカ)ベネズエラ出身のシンガー

活動歴2012年ー

 

2017年現在アルバム最新作

Arca [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (XLCDJ834)

Arca [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (XLCDJ834)

 

 

 

皆様いつもお疲れ様でございます。

今回紹介するのはアルカという人ですね。

今年のフジロックに来る予定ですがこの人の音楽は

相当ヤバイですね。どうなることやら・・・

どんな人?

アレハンドロ・ゲルシというのが名前らしいですね(活動名義がアルカなのかな)。

今現在27歳だそうなのですがこの人の作り出す音楽が正直なところ、

 

ものすごくむずかしい!!

 

これは一体なんなんだ?なんと表現したらいいんだ?聴けども聴けども

一切の答え、確信というのが出てこない・・・

完っっっっ全に自分自身の世界観を表現してしまっているというのか

音楽を追求してたどり着いた域というのか、っていうかまだ若いのにどうしたら

ここにたどり着くのか、すべてが不思議でなりません。

 

まずこんな事いうと失礼ですけど一般向きではないでしょうね。

どういうジャンルと言われてもまず聴いてみてくださいとしか言えない

もうこの人ならではのジャンルですね。

 

何を聴いても衝撃的です。

 

世の中に音楽いっぱいありますがそんな時流は一切関係ない、自分の音楽というもの

をうまく形、表現して世に出てきた物凄い人ですね。天才ですわ。

おそらく一回聴いただけじゃなんのこっちゃ全然分からないでしょうね。

もしかした何百回と聴いても理解できないのかもしれません。

 

後にも先にもこの人だけかもしれませんね。

怖くもあり陽気の様でもあり

どこか儚くてそしてどこか妖艶でいて脆くもあり強くもあり。

正直何言ってんの?ですよね。まあ仕方ない。自分でもそう思うから。

 

ありえない事ですけどある日、目覚ましたらそこは全然知らない土地、

知らない風景、人の姿が一切見えない野原で自分1人ポツン・・・

どう思います?

 

おそらく色んな感情がいっきにでてくる事だとおもいます。

不安、恐怖、絶望、悲しみ、やり場のない怒りや虚無感などなど。

 

そんな自分自身の体や脳から出てくるひとつひとつの感情が

混ざり合ったというのが近い気がするけども

分からないですよね・・・

只、難しい音楽と言っていましたが若いのに大物アーティストとも

コラボしております。

 

カニエ・ウェストがこの才能に目をつけて共演申し込んだり、

歌姫ビョークがアルバム製作にアルカと共同したりと

デビューして間もないのにすぐ世界で認められているんですねぇ。

 

同じアーティストだとまた感じ方、捉え方も違うでしょうからどんな感想か

聞きたいものですなぁ。

確かに何回聴いても衝撃が離れません。これほどまでに奇妙という音楽は無いですね。

今年のフジロックではどんな世界観を出すのでしょうか?

 

ワクワクな方もいるかもでしょうね。感じ方は人それぞれ。

どっぷりとなってしまう方もいるんでしょうねぇ。

 

ありがとうございました。

作品

オリジナルアルバム

2014-Xen(ゼン)

【Amazon.co.jp限定】Xen [帯解説・ボーナストラック収録 / 国内盤] 大判ステッカー付 (TRCP178)_013

2015-Mutant(ミュータント)

【Amazon.co.jp限定】Mutant [帯解説・ボーナストラック収録 / 国内盤] 特典ステッカー付(TRCP190)

2017-Arca(アルカ)

Arca [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (XLCDJ834)

 

よかったら聴いてみて♪

 

Arca x Jesse Kanda — Fluid Silhouettes

 

Arca - EN (Official Video)