音楽とネガティブの共存生活

チープだからこそ伝わるものもある

2017年フジロックフェスティバル出演者 CHRONIXX

 

f:id:kurumacoban:20170524172309j:plain

CHRONIXX(クロニクス)ジャマイカのシンガー

2011年?-

 

2017年現在アルバム最新作

Chronology [Analog]

Chronology [Analog]

 

 

 

さてさて、今回はジャマイカ出身のシンガですね。という事は、もうお分かり。

レゲエミュージシャンでございますね。

風貌も見たとおりですし、ジャマイカ出身となると、やっぱりレゲエという言葉が

頭の中に確実に浮かんできます。

今や、世界中に浸透しているジャンルですから、そう考えると凄いですね。

 

そのレゲエミュージックバリバリの男が、クロニクスというシンガーです。

 

どんな人?

CHRONIXX(クロニクス)

 

父親もクロニクルという名のミュージシャンらしく、その影響からか、

幼少期から音楽に触れる機会が多かったみたいですね。

教会にもよく通っていたらしく、しかも音楽を取り入れて、楽器を学んだとか。

聖歌隊の経験もあり、学んだ事は多そうですね。

 

まだ20代のクロニクスですが、辛い経験があり、兄弟や親友などが亡くなった

経験があるとの事。

 

とても悲しい出来事ですが、その経験を基にした楽曲が世間から注目を集め、

今のレゲエシーンを引っ張る存在に。

今、もっとも勢いのあるレゲエミュージシャンですね。

 

音楽はレゲエという事もあり、聴いたら分かるリズムやノリの良さ。

頭の中、なんも考えずに、ただただ流してるだけでも、

 

サイコー!!

 

ってなっちゃいます。この特有の音楽やリズム、そこから感じ取れる雰囲気など

もう、本当に気分がいい。(毎度の事ながら歌詞は分からないですけど)

これからの暑い季節にはピッタリですね。

 

ドライブしながらでも、バーベキューしながらでも、休みの日には四六時中かけても問題なし!!

 

盛り上がりたければ、ながしとけ~

 

ってな具合で、全然オッケー。

 

もう今では、各国のレゲエチャート部門で1位を獲得するなど、実力も認められています。

昨年2016年には、イギリスの大御所バンド、ザ・ストーン・ローゼス

サポートアクトをしたり、幅広く活躍もしています。

 

フジロックでも、このレゲエパワーで見に来た人達を魅了するハズ。

レゲエ界に未来を担う大物になるかもです。そんな、ミュージシャン、

クロニクスでございます。

 

ありがとうございました。

 

作品

オリジナルアルバム2014ーDread&Terrible(ドレッド・アンド・テリブル)

2017-Chronology(クロノロジィ)

よかったら聴いてみて♪

 

Chronixx- Here Comes Trouble (Official Music Video) HD

 

Protoje - Who Knows ft. Chronixx (Official Music Video)