音楽とネガティブの共存生活

チープだからこそ伝わるものもある

2017年フジロックフェスティバル出演者 WESTERN CARAVAN

 

f:id:kurumacoban:20170601170547j:plain

Western Caravan(ウェスタン・キャラヴァン)

アメリカのバンド

活動歴1995年ー

 

お疲れ様でございます。

六月突入しましたね。

六月・・・

もう六月・・・

何も変わってねー!!

 

さてと、切り替えるか。

今回紹介するのは、ウェスタン・キャラヴァンというバンドになりますね。

古参なバンドなので、今は皆さんダンディー集団みたいになっています。

シブくて素敵だわ~。

 

どんな人?

デイビット・ハンセン(ボーカル)

ボブ・マストロ(バイオリン)

ケニー・コーセク(バイオリン)

ジョン・ウィッドグレン(ギター)

ヴァン・マナカス(ギター)

スティーブ・アルコット(ベース)

ラリー・イーグル(ドラムス)

※2017年時点メンバー。他にもいるみたいだけど、今年の来日がこの

メンバーになります。

 

メンバーリストには載っていませんが、

ウィット・スミス(来日しないのか、もうメンバーじゃないのかは分かりません)

というギタリストが元々結成したバンドになります。

 

ホット・クラブ・オブ・カウタウンという三人組のバンドをしながら、

ウェスタン・キャラバンもやっていたって事ですかね。

 

活動歴1995年からとはなっていますが、それ以前から他の事をやっているので、

個人の歴ではもっと長いですね。

 

聴いてみると、音楽は至ってシンプル。聴けば分かるさ、

 

ザ・カントリーです!!

 

カントリー王道一直線なぐらい、カントリーです。

 

ワンピースと言ったら冒険!

ジョジョと言ったら冒険!

ドラゴンボールと言ったら冒険!

 

そのくらい分かりやすいです。なので、構えないでスッと聴けます。

とても陽気な感じの音楽が多くて、聴いていて心地のいい事。

メンバーの人数が多く、担当もそれぞれなので、ちょっとしたオーケストラの

様で、それがまたいいですね。

 

本当にアメリカらしい音楽と言いますか、

カウボーイが馬乗って走っている、というイメージが浮かんできます。

西部劇の酒場で、ステージで演奏している雰囲気でもいいですねぇ。

海外ならではのお国柄の音楽と言いますか、でも全然聴けるし、今でも全く

色あせることはないですね。むしろ、素敵。

 

この音楽聴きながらのビールはうまいでしょうな。

「カントリーって何?」な方は、これ聴けば一発で理解できると思いますよ。

そして、いいねぇ~、素晴らしいってなる方もいるハズ。

 

フジロックの場で聴いたら、体動かさずにはいられなくなるかもです。

ビールガブガブですよ。

 

久しぶりにカントリー聴きましたが、やっぱりいいですね。

古臭い感じなんですけど、今聴いても気持ちが落ち着くというか、穏やかになる

というのか。

 

気になっている方はチェックして下さいな。素敵な時間を味わえるかも。

 

ありがとうございました。

 

よかったら聴いてみて♪

Western Caravan, Live at the Rodeo Bar: Stay All Night

 

Western Caravan: Don't Worry 'Bout Me

 

Western Caravan, Live at the Rodeo Bar: Psycho Santa