音楽とネガティブの共存生活

チープだからこそ伝わるものもある

2017年フジロックフェスティバル出演者 The Ramona Flowers

 

f:id:kurumacoban:20170530191330p:plain

The Ramona Flowers(ザ・ラモナ・フラワーズ)イギリスのバンド

活動歴2014年ー

 

2017年時点アルバム最新作

『Part Time Spies』

『Part Time Spies』

 

 

 

皆様お疲れ様でございます。

 今回紹介するのはザ・ラモナ・フラワーズです。

次から次へと素晴らしいのがでてきますなぁ。

CDそんなに買えないのが悔しい・・・

 

どんな人?

スティーブ・バード(ボーカル)

サム・ジェームス(ギター)

ウェイン・ジョーンズ(ベース)

デイブ・ベッツ(ギター&キーボード)

エド・ガリモア(ドラムス)

※2017年時点メンバー

 

イギリスで結成された五人組バンドです。

若手バンドながら注目されており、他のアーティストのツアーのサポートに

抜擢されたりと、いろいろ活躍されているそうです。

 

ジャンルはロックとなっています。

 

ただ、聴いているとロックでは収まらず、なかなか壮大な音楽な雰囲気があふれ出て来ます。

 

大きな街並みといいますか、

凄い広い大草原を見ているといいますか、

大海原といいますか。(何言ってんだ・・・)

 

ゆるやかに流れるリズムから、少しづつ激しくなっていく感じが

たまりません。オシャレな雰囲気バンバンです。

 

聴いていて、それぐらい広い世界観を感じました。

エレクトロニックな音楽が、これまた深みを出していてとても

雄大さ感じられるような曲が多いですね。

 

ボーカルのスティーブ・バードの声もズルいですよ。

顔もなかなかのイケメンですが、声が甘いですなぁ。

パンケーキ並みに甘くて聴いている人を魅了させちゃいますよ。

 

後は、タイトルにTOKYOというのがあります。

日本が好きなのか、興味があるのか。なんにしてもありがたい話ですな。

海外の人が感じる東京って、こういう雰囲気なのかな~って

思っちゃったりしました。

 

まだ結成してから数年ですが、いろいろなビッグフェスにも

出演しているらしく、そろそろブレイクするんじゃないかと、

言われてるバンドです。

 

もしかしたらフジロック17きっかけで日本でも聴く人が増加するかも。

 大人な雰囲気タップリの素敵バンドさんですよ~。

 

ありがとうございました。

作品

オリジナルアルバム

 2014-Dismantle & Rebuild(ディスマントル・アンド・リベルド)

2016-『Part Time Spies』(パートタイムスパイス)

 

よかったら聴いてみて♪

The Ramona Flowers - Tokyo

 

The Ramona Flowers - Dirty World | Live From The Distillery