音楽とネガティブの共存生活

チープだからこそ伝わるものもある

2017年フジロックフェスティバル出演者 Death Grips

f:id:kurumacoban:20170526172132p:plain

Death Grips(デス・グリップス)アメリカのバン

活動歴2010ー

 

2017年時点アルバム最新作 

ボトムレス・ピット

ボトムレス・ピット

 

 

 

気がつけば、もうすぐ半年が終わってしまう・・・

もう半分が終わるのか・・・

 

さてさて、今回紹介するのは、デス・グリップスでございます。

これはなかなか、聴く人を選びそうな独創性といいますか、オリジナリティーと

いいますか。

 

どんな人?

 

ステファン・バーネット(MC)

アンディ・モーリン(キーボード)

ザック・ヒル(ドラマー)

※2017年時点メンバー

 

パンクロック、ヒップホップ、ノイズの融合と言われているそうです。

 

初めて聴くと、なかなかの衝撃ですよ。

 

音楽って雰囲気よりも、攻撃的な感情、狂気じみた感情、調和の崩れた世界観を

イメージしているというのか、ものすごく難しい・・・

 

これは、音楽なのか?と、思ったりしてしまった。

難解な問題を、目の前にしているというか、頭の中が整理がつかない・・・

一種の儀式の様な感じにも・・・

恐怖すら感じてしまう、独特の音楽性です。

 

ノイズ・ミュージックは、まあ昔からあるジャンルではありますが、どちらかというと

アンダーグラウンドな世界で、一般に流行るよりかは、どうしてもコアな人寄りになっ

てるイメージがありますので、聴きなれない人も多いんじゃないかなと思いますね。

 

どういうの?ってなると、知識が無いので、伝えられませんけど、

日常生活においての音を、アレンジするというのかな。

 

ボタン音だったりですとか、黒板に爪でキーーとか

 

人によっては、不快にも思うかも。

自分もこのジャンルは、全然聴かなかったので正直、難しいって感じてしまった。

(勉強不足でスミマセン・・・)

 

すべてにおいて、彼ら自身の音楽であり、生み出されたオリジナリティー溢れる

バンドであることは、間違いありません。

 

只、自分には難しいとは言っていますが、音楽関係者や雑誌など業界では、高評価を

得ているバンドです。中には、その年のアルバム1位に挙げているのもあるぐらい。

やっぱり、音楽に携わっている方々には、このバンドの見え方が全然違うのか。

 

経験値不足を痛感させられたぜ~・・・

もっと色々なのを聴かなくては。

 

フジロックに出演する予定ですから、気になってる方は、ぜひぜひチェックしてみて

ください。もしかしたら、癖になっちゃうかも。

 

衝撃的なのは間違いなしです!!

 

ありがとうございました。

作品

 

2012-Money Store(ザ・マネー・ストア)

2012-No Love Deep Web(ノー・ラブ・ディープ・ウェブ)

2013-Government Plates [Analog](ガバメント・プラテス)

2015-Fashion Week(ファッション・ウィーク)

2015-The Powers That B(ザ・パワーズ・ザット・ビー

2016ーBottomless Pit(ボトムレス・ピット